FC2ブログ

私と16年間暮らした犬、その犬はシーズー犬の男の子で、名前は「タク」といいます。「タク」は2016年の4月に虹の橋の向こうへと旅立っていきました。


「タク」はいつも窓から外を眺めるのが好きでした。トコトコと窓に近づいて、まるで人間がそうするように前足でカーテンを開けて、じっと窓の外を眺めていました。


「タク」がいなくなって、もうずいぶん経つけれど、その姿がいまも目に浮かびます。

「タク」は私の大切な大切な家族でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌いな食べ物をあげたときのタク

taku_01s.jpg

 タクは、ソーセージが大好きです。

 誰もが大好きなものにはそれなりのこだわりというものがあるように、タクにもソーセージにはそれなりに味のこだわりがあるようで…。

 あるとき安いソーセージを買ってあげたときのことです。

 最初はいつものようにかぶりついたので食べるとおもつたら…よほど気に入らなかったのか、「こんなんいらん!」とでも言うように、口でくわえてそのままポーンと遠くへ投げました。

 私はびつくりしてソーセージを拾い上げ、タクに食べさせようとしましたが、怒ったような顔をしてぜんぜん食べようとしません。

 タクも、よく味をしつているな…と思って、つい笑ってしまいました。

コメント

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。
思いだしてもらえて、タクも天国できっと大喜びしていると想います。
\(^o^)/

初めて会った時のタクを思い出します!ちっちゃくて、とても可愛い顔していて、本当に可愛く癒されました!ありがとうタク😄

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。