FC2ブログ

私と16年間暮らした犬、その犬はシーズー犬の男の子で、名前は「タク」といいます。「タク」は2016年の4月に虹の橋の向こうへと旅立っていきました。


「タク」はいつも窓から外を眺めるのが好きでした。トコトコと窓に近づいて、まるで人間がそうするように前足でカーテンを開けて、じっと窓の外を眺めていました。


「タク」がいなくなって、もうずいぶん経つけれど、その姿がいまも目に浮かびます。

「タク」は私の大切な大切な家族でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いったいどっちが飼い主なのか飼い犬なのか…。



 私とタクが暮らしはじめて、て3年が過ぎた頃、ふと気がついたことがあります。タクというのは、私の飼い犬で、雄のシーズー犬です。

 ある夏の日のこと、エアコンの下で座っているタクがエアコンを見上げながら、ワンワンと吠えました。それは、まるで、私にエアコンをつけろと言っているようでした。そして、私がエアコンをつけると、タクは、満足そうに寝転んでしまいました。

 そのあと、しばらくするとタクが壁にかけた時計を見上げて、私にワンワンと吠えました。今度は、散歩の時間になったと知らせるように。

 これでは、いったいどっちが飼い主なのか飼い犬なのかわからないような気分ですが、それでもタクが可愛いくて、
思い切り抱きしめたくなるのです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。